がんカテーテルを見ていたらオランダのデザインを思い出した

がんカテーテルは、新しい手術ですが従来の手術と違い、
血管に管をとおして、障害物を除去する手術で、患者の体の負担が軽くなっています。
このため、この術式を求める患者が少なくないのです。
また、カテーテルを使った治療法はどんどん増えていくスピードが速くなっています。
このがんカテーテルを見ていたらオランダのデザインを思い出すのは、
この治療法が綺麗にみえるからです。
まるで、手術と言われなければ理解できないかもしれません。
一昔であれば、手術といえば、体を切って、壊疽部分を切除するなど、
体を切る行為がとても負担になっていました。
この負担をいかに減らしていくかが、患者にとっても望まれるものであり、
これからも進化していくと思います。

目黒の交通事故のニュースを見てオランダデザインを閃いた

先日、目黒の交通事故のニュースを見ました。
たまたまテレビをつけっ放しにしていて、偶然に流れたものです。
しかしもしも家族や友人が巻き込まれたらと思うと怖く、また憤りも沸いてきます。
車の交通事故というのはドライバーは誰でも加害者になる可能性、
そして歩行者も同じように被害者になるでしょう。
そうならないためには安全性が第一で、ドライバーの安全認識はもちろん、
道路についても考えてもらいたいものです。
使いやすく安全なものを、そう考えていたら突然にオランダデザインが閃きました。
近年のオランダは車の事故は減っているものの、自転車の事故が増加傾向にあるようです。
絵のように美しいアムステルダムでも事故は起こり、気を付けなければいけません。

東京の音楽スタジオをオランダのデザイン性を入れて作ってみたい

昔から、東京の音楽スタジオを作りたいと考えています。
歌を歌う事が大好きで、会社帰りなどに
誰でも気軽に寄ることが出来るようなスタジオを、作ってみたいのです。
そして、スタジオをデザインする際には、
オランダのデザイン性を取り入れて作ってみたいです。
オランダと言えば、目にも鮮やかな赤い色がイメージカラーです。
そんな赤い色を使用した、大胆なデザインを入れて、
魅力的な東京の音楽スタジオを経営したいです。
自分も、もちろんお客様も、訪れただけでつい笑顔になってしまうような、
そんなスタジオが作れたらと思っています。
オランダはとても社交的で、魅力的な方が非常に多い国ですので、
その雰囲気にあやかって、スタジオを作ってみたいと思っています。

体臭の悩みとオランダのデザインっぽい入浴剤

若い頃は加齢臭なんて他人事だと考えいましたが、
朝起きたときに枕に敷いていたタオルに臭いをかいで、臭いと感じてしまいました。
これがいわゆる加齢臭という名の体臭だとわかってからは、
周囲の人に迷惑をかけていないか心配になりました。
そこで毎日のようにボディソープで身体を洗い、
入浴剤で体臭を消すという試みをすることにしました。
入浴剤は様々なものが販売されていますが、
さいきん気に入っているのは、オランダのデザインっぽい入浴剤です。
チューリップがパッケージに描かれていて、
お湯の中に入れると花の匂いが浴室に広がります。
ほのかに薫る臭いですが、お風呂からあがったあとも香りが持続するので、
体臭が消えるのではないかと期待しています。

医薬翻訳された本がオランダをイメージしたデザインだった

医薬翻訳された本の使い道については、
様々な媒体で大々的に紹介が行われるケースが増えてきており、
少しでも知りたいことがあれば、便利な情報源を活用することが良いでしょう。
また、オランダのイメージのデザインの魅力に関しては、
ネット上でしばしばピックアップされることがありますが、
様々な感性を持つ人々のアドバイスを参考にすることがおすすめです。
また、最新の医薬翻訳のサービスの良しあしについては、
一般の消費者の間で度々話題となることがありますが、
将来的な不安を解消するうえで、早いうちからプロのスタッフに相談を持ち掛けることによって、
空き時間を利用しながら、役立つ知識を身に着けることができるといわれています。

オランダデザインの看板って素敵!

日本にも世界各国のデザインをモチーフにした看板がたくさんあります。
中東の雰囲気を持っているものや、ヨーロッパを模倣したやつを見ると、
いつもテンションが上がりますね。
先日みつけたものは、オランダデザインのものです。
オランダをイメージさせる赤を基調としていて、
見る者の気持ちをわしづかみにする力強さがありました。
また、強いイメージだけでなく、オシャレな印象も合わせもっているから最強なのです。
あんなに素敵な看板がもっと増えると、日本が世界に与える印象がさらによくなると思います。
世界基準のデザインが町のいたるところにあると、歩くだけでも楽しくなりますよね。
散歩が好きな人は、じっくりと看板を探してみるといいと思います。

中古機械の買取後はどこへ?

知人が親の代から受け継いだ工場の一部を閉めることになり、
大事に使ってきた中古機械の買取を依頼したと聞きました。
大事に使用してきたこともあり、思ったより高額で買い取られることになったとのことで、
中古機械の買取業者に「この機械はどこで使われることになるのですか?」
と聞いたそうなんですが、だいたいはアジアの工場に買われるそうです。
日本人は大事に機械を使うため、人気が高いそうですよ。
そう聞くとうれしいですよね。

autocadがどんどん高性能になっている

大学に建築学科があった関係で、建築家の友人が数名いるのですが、
いつか家を建てるなんてことになったら絶対彼に頼もう、と思っている人がいます。
彼の家に何度か遊びにいったときに、彼の設計した家と仕事場を見せてもらったのですが、
「これだ!」というような素晴らしい設計だったんです。
彼に仕事の様子も少し見せてもらったのですが、
今はautocadもすごく高性能になっているんですね。
自分の知っているcadとは全然違いました。
自分の家はオランダのデザインを取り入れたいんですよね。

大泉カルチャーと菅原一秀議員

オランダの伝統民芸絵画にオランダ・トールペイント(オランダ・ザンス・フォークアート)
というのがあります。
オランダ北部のザンス地方に伝わるのですが、
美しい色彩の花を木製品や布などに飾ります。
使用する画材はアクリル絵の具です。
このオランダ・トールペイントは練馬区の大泉カルチャースクールで
教えてもらうことができるのですが、先日やっと行くことができました。
駅前に着くと自民党の菅原一秀議員が立っていました。
そういえば練馬区は菅原議員でしたっけ。
ご苦労様です。

オランダのデザイン探しは相模原が鍵?

先日デザイナーの友人とダッチデザインの器や小物を探しに行ってきました。
友人が言うにはダッチデザイン探しは相模原が鍵なんだそうです。
意味がわかりませんでしたが、言ってみて納得、
相模原のとある場所で、輸入雑貨卸会社が国ごとに分けた
フリーマーケットを定期的に開催していたんです。
普段は卸や個人輸入代行しかしていない会社が一般向けに在庫を放出してくれるのですよ。
掘り出し物がいっぱいだったので、今後は通うつもりです。