がんカテーテルを見ていたらオランダのデザインを思い出した

がんカテーテルは、新しい手術ですが従来の手術と違い、
血管に管をとおして、障害物を除去する手術で、患者の体の負担が軽くなっています。
このため、この術式を求める患者が少なくないのです。
また、カテーテルを使った治療法はどんどん増えていくスピードが速くなっています。
このがんカテーテルを見ていたらオランダのデザインを思い出すのは、
この治療法が綺麗にみえるからです。
まるで、手術と言われなければ理解できないかもしれません。
一昔であれば、手術といえば、体を切って、壊疽部分を切除するなど、
体を切る行為がとても負担になっていました。
この負担をいかに減らしていくかが、患者にとっても望まれるものであり、
これからも進化していくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です